FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●やっとかい! 3年遅れてる!!

2009年の政権交代と言われた衆議院選挙の時、幸福実現党だけが、必死で訴えた国防の危機…今、自民党の総裁選で、各候補者が必死で訴えています。

やっとわかったのかいっ!! うちの見識より3年は遅れている。選挙に不利なら口にせず、選挙に有利なら取り上げる…そんな政治家だから、国民の信用をなくしてしまうんです。

保守といわれる政党であっても、ここまで現象化しなければわからないのでしょうか!
それ見たことかと、自民党が民主党を責めていますが、これまで、国防についての認識が甘かったという点で、自民党にも同じだけの責任があると思いますが、どうですか。

今になってやっと騒ぐという、日本の二大政党の見識を見れば見るほど、もう既成の政党では、私達の日本を守ることはできないとの思いを強くするばかりです。

大川隆法総裁が、この5月に、「間もなく沖縄県民が度肝が抜かれることが起きだろうと思います。どれほど自分達が逆洗脳をかけられているかと解るようなことが、間もなく起きるでしょう。」と予言されたことが、尖閣諸島の国有化を機に、中国での激しい反日デモ・日本系企業に対する襲撃・日本人への危害という形で起こっています。野田総理が、「クールな対応を」中国に求めていますが、クールすぎるのは、日本政府ではないでしょうか。

中国の1000隻もの大船団が、尖閣へ向けて出港したという報道もあり、海上保安庁だけで対処できるとはとても思えません。

沖縄では、米軍はいらない!と、基地の県外移設・オスプレイ配備への反対運動が、盛んなようですが、沖縄の皆様が中国大好きといくらアピールしたとしても、中国は手加減してはくれませんよ。沖縄は日本なのですから、反日の対象でしかありません。

私は、沖縄にかつて足を運んだ時に、心優しい方々がたくさんいらっしゃったことが、忘れられません。現実をしっかり見据えるべきです。尖閣の次は沖縄本島ですから。自分達のしていることが、どのような未来をつくっていくかを考えていきましょうよ。

中国が尖閣諸島を実効支配する為の、6段階の計画は、着々と進みつつあります。

憲法9条で日本が守れるという錯覚が通用した時代は、とっくに過ぎ去っています。
国防は、私達の生活の基盤をまもるということです。遠くの島で起こっていると見えることが、実は生活に直結してきます。

憲法9条の解釈を変更して、日本に危害を与える国に対しては、9条適用除外として毅然と対処するという、閣議決定をし、尖閣諸島や石垣島・与那国島などの国境の島々に、自衛隊を配備するか、オスプレイが離着陸できるヘリポートを早急に整備することを求めます。

「今」、日本が本気で尖閣を守る決意あってこそ、同盟国アメリカがいざという時、力を貸してくれるのです。

平和を愛するということは、無謀な国の勝手な自由を許すことではありません。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

安原そのえ

Author:安原そのえ
幸福実現党・安原そのえです。

消費税増税・反対
教育県・岡山の復活
憲法9条改正・自分の国は自分で守る

この3点を中心に訴えさせていただいております。
みなさまの幸福をお守りさせていただきたいと思っております。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。



1962:広島県生まれ
1981:広島県立府中高等学校卒業.
1984:享栄タイピスト専門学校
     ビジネス秘書科
     英文コース卒業
    広島化成株式会社入社
1988~:岡山在住

 たくさんの方とめぐり合いながら、どっぷり岡山の地で二人の娘の子育てをして来ました。

 幸福実現党の支持母体である幸福の科学において、岡山支部婦人部長・中国本部副婦人部長を歴任。

2009年に幸福実現党岡山県本部衆院選岡山1区代表を経て、
2013年 幸福実現党岡山県本部 参議院選挙区代表を務めさせていただきました。

血液型B型 ふたご座




最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。