スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●新防衛大臣に期待したい

このたびの内閣改造に伴い、新防衛大臣に民間から森本敏氏が抜擢されました。北朝鮮・中国との関係において、
日本が置かれている立場を思うとき、防衛大学出身の安全保障の専門家でもあり、外交官でもあった方が、日本の国益を踏まえた正しい判断と、勇気ある職務遂行能力を発揮してくださることを、心から期待したいと思います。

前回は、素人の田中氏の登用とその仕事ぶりに、国民みんなが驚きました。遅すぎるくらいです。野田総理にとっては、消費税増税を自民党と進めるための調整的な人事かもしれませんが、日本の安全保障について、今後はまともな議論がなされるものと思いたいものです。

例えば今、原発再稼働について、テレビなどで、「再稼働ありきの態度は、けしからん!」との声もありますが、森本氏は、共著【それでも日本は原発を止められない】(産経新聞出版)の中で、

「安全保障は、総合的な政策分野の課題です。国家・国民の安全を維持し、領土を保全するためには、外交・防衛だけではダメ。産業やエネルギー、科学技術などの政策を、すべて国益の名の下に総合的に調整しながら進めていくものです。」「防衛力の根源はエネルギーです。それによって日本の命運が決まる。」「日本人が知恵を出しあい、原子力の安全規制を強化し、原子力による安定した電力供給を進めることは急務です。」


と、シーレーン防衛の大切さとともに、日本における原子力発電所の必要性を述べられ、原子力発電所の事故が起きたからといって後退するようでは、いつまでたっても発展できないとの主張をされています。アメリカが国防費を減らしていく中、中国は南シナ海・東シナ海に空母を出してくるという状況です。日本がその脅威をカバーするためには、動力が原子力の大型空母をもたなければならなくなるだろうとも言われています。

私も同感です。新しい大臣が、日本の国益を守る為の仕事ができるよう、私達国民の国防意識が高まる必要があると思います。

ただ、民間からの抜擢ということは、与党の政治家の中に、今の日本の危機的状況の対処を任せられる人材がいないという事実。これは、私達が受け止めなければならない現実です。それとも野田総理は、民主党が迷走した普天間問題等で、沖縄からの反発必至の後処理を、民間からの登用により責任逃れしようというのではないでしょうね…

しかし、消費税増税法案に絡んで自民党との話し合い解散がどうなるかや、協議不調による野田内閣の総辞職などを考えると、森本大臣が実際の成果を上げる仕事ができる時間は、ないと見るのが妥当なのかもしれません。ともあれ、国の安全保障に空白があってはなりません。「想定外」のことが起こらないよう、危機管理に当たっていただくことを切に望みます。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

野田第2次改造内閣が発足

どうなん [?/]防衛大臣を民間から初めての起用って件だけど、どんだけ民主党は人材不足なんだって70ホンくらいの大声でツッコミたくなるな [イライラ/]いや、民間でもイイんだけどさ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

安原そのえ

Author:安原そのえ
幸福実現党・安原そのえです。

消費税増税・反対
教育県・岡山の復活
憲法9条改正・自分の国は自分で守る

この3点を中心に訴えさせていただいております。
みなさまの幸福をお守りさせていただきたいと思っております。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。



1962:広島県生まれ
1981:広島県立府中高等学校卒業.
1984:享栄タイピスト専門学校
     ビジネス秘書科
     英文コース卒業
    広島化成株式会社入社
1988~:岡山在住

 たくさんの方とめぐり合いながら、どっぷり岡山の地で二人の娘の子育てをして来ました。

 幸福実現党の支持母体である幸福の科学において、岡山支部婦人部長・中国本部副婦人部長を歴任。

2009年に幸福実現党岡山県本部衆院選岡山1区代表を経て、
2013年 幸福実現党岡山県本部 参議院選挙区代表を務めさせていただきました。

血液型B型 ふたご座




最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。